葬儀費用が安い戒名と終活【全国対応】葬儀、葬式の費用負担軽減と葬儀費用の平均、戒名料、布施を格安にし戒名や法名がお寺より、
各宗派に対応した戒名が生前戒名の会で全国に発送。生前戒名から葬儀、葬式後の故人の戒名が授与。葬儀費用の相場、ノート型の遺言、エンディングノート

葬儀、葬式の費用負担軽減と手元供養とは

スポンサーリンク

葬儀、葬式の後、亡くなった方をいつも身近に感じたい、いつも近くにいて見守って欲しい。 大切な人を亡くされた、ご家族や身内の正直な気持ちではないでしょうか。

もちろん、古来から日本人は、お墓参りをしたり、仏壇に手を合わせたりすることで昔から日本人は故人を身近に感じていました。 でも、現代の生活スタイルが変化するにつれて、それが適わない、それでは満足できないという方が増えています。 例えば、こんな想いを持つ方が年々増加しています。

葬儀、葬式の費用が高く後に、大切な人を遠くに葬りたくない

葬儀、葬式の費用が高く後に、残る家族に余計な負担をかけたくない

年寄りでお墓が遠方のため、墓参りが難しい

法要、供養を人任せにしたくない

無宗教なのでお墓や戒名は不要、自分らしい最期を希望

葬儀、葬式の費用が高く後に、仏壇が無い、あるいは置く場所が無いが何かで故人を偲びたい

葬儀、葬式の費用が高く後に、経済的な理由など何らかの事情でお墓を建立できない

手元供養は、最愛の方の遺骨を身近に置くことで、心のよりどころとなり、手を合わせ、或いは握りしめ、 故人を偲び、語りかける自由なかたちの供養です。 葬儀、葬式の後、「仏壇は置けないが大切な人を身近で偲びたい」、「遺骨をお墓に納骨すると一人になり淋しいので、 一部を身近に置いていたい」 といった方々の「故人を想う心」を癒す、新しい供養の方法の1つです。

葬儀、葬式の費用から法要、納骨までの説明1

戒名授与で、多くあるご質問で、葬儀、葬式の費用から法要、納骨までが高く、負担になるので、経済的、心身的に 負担にならない方法はあるでしょうか? と言うご質問をいただきます。

一番、経済的、心身的にご本人、お身内、ご家族などに負担をかけない方法は、事前に、生前戒名を受け、各都道府県の市長村役場で 、いざというときのために、そろそろお葬式のことを考えておきたいので、どこの葬儀社、葬式社があるか尋ねることです。(火葬許可証と埋葬許可証などを発行するのは、全国の自治体です。)

役場が、このような、お葬式の費用相談をお受けしたときには、色々とご案内をすると同時に、簡単なアドバイスをいただいて下さい。

葬儀、葬式を行うときのポイントは、次のとおりです。

1.葬儀費用は、どれくらいの規模で、どのようなお葬式をしたいのかを最初にきちんと伝える。

2.何にいくらかかっているのか、また、単価だけでなく総額でいくらかかるのかをその都度確認する。

3.親族間で意見が分かれ、バラバラに発注することを防止するため、葬儀、葬式業者と交渉する責任者を決めておく。また、交渉時には複数の人が立ち会うようにする。

4.見積書などを要求したらこころよく出してくれる業者のほうが安心できる。最近では、事前に数社の葬儀、葬式業者に問い合わせ、見積書費用の内容や、担当者の対応を見て、信頼できると思ったところを選ばれるかたもいます。

また、急に葬儀、葬式をしなければならない場合、葬儀、葬式業者に 依頼する時で、業者より戒名(法名等)はございますかと尋ねられます。
ポイントととして急な葬儀、葬式は、業者まかせで費用がかさみます。 業者によっては、生前戒名(法名等)がある、なし、で費用算出 する場合があり、葬儀、葬式業者まかせになります。

葬儀、葬式のあとの法要後の納骨は、ご自身の宗派の本山などのお寺に納骨ができます。

※宗派により骨壷は、小さい方(喉仏用)のみで、全骨(大きい方)は納められない宗派もあります。また、全納できる宗派もございます。全骨(大きい方)の骨壷は、ご自信のお墓がある時は、お墓に納められます。

※宗派により、納骨は、宗旨や宗派を問ないで納められる本山などのお寺もあり、故人の遺志を尊重した上で、ご家族でよく、生前よりご本人とご相談されてからお決めください。

スポンサーリンク

葬儀、葬式の費用から法要、納骨までの説明2

消費者庁のもと数年に一回、日本消費者協会が葬儀、葬式の葬儀費用に関するアンケートをしています。

消費者庁は、葬儀事業者による葬儀費用の表示に関して調査を行ってきましたが、 調査の結果、複数の葬儀事業者が、景品表示法第4条第1項第2号(有利誤認)の規定違反につながるおそれがある葬儀費用の表示を行っていた事実が認められています。(10葬儀事業者12ケースがあります。)

葬儀費用の相場や平均について

大切な人との最後の別れだからこそ後悔したくない葬儀です。葬儀が初めてだと、費用がどのくらい掛かるのか、葬儀費用の相場や平均金額がいくらなのか気になるものです。ここでは第三者には聞きづらい相場金額を日本消費者協会が葬儀に関するアンケートで算出した結果を掲載しています。

あくまで葬儀費用の平均ですので必ずしもこの費用である必要はありません。また、多くがこの金額より下回っているという見解もございます。葬儀費用はご遺族やお身内で予算にあった金額を決めるのが最善です。

葬儀費用 全国平均について

下記は、概略ですが日本消費者協会「葬儀についてのアンケート調査」の統計を元にした葬儀費用の全国平均です。

  葬儀費用総合計 葬儀費用 実費費用 寺院費用
全国平均(2007年度) 231.0万円 142.3万円 40.1万円 54.9万円
全国平均(2011年度) 200.4万円 126.7万円 45.5万円 51.8万円

現在の相場では200万前後ではないでしょうか。あまりの多額に驚きですが家族葬では約100万だったりします。弔問者、参列者の数などで規模も変わってきますので一概に、この葬儀費用の全国平均が世間の相場とは思わない方がいいです。

また、この葬儀費用の全国平均は一般に公開された葬儀の金額であることです。無理してでも平均金額に葬儀の予算を設定する必要はないと思います。それこそ葬儀社によっては数十万の差が出てきますのでいくつかの葬儀社で見積もりを行っておくとをおすすめします。

葬儀費用 地域別平均について

下記は日本消費者協会「葬儀についてのアンケート調査」の葬儀費用の合計ですが、統計を元にしてあくまで、かかる費用の正確な合算値ではありません。

北海道 東北 関東A 関東B 中部A
147.2万円 233.6万円 228.2万円 222万円 221万円
中部B 近畿 中国 四国 九州
213.4万円 194.1万円 192.3万円 105万円 146.3万円

 

※関東Aは茨城・栃木・群馬・千葉、関東Bは埼玉・東京・神奈川、中部Aは新潟・富山・石川・福井、中部Bは山梨・長野・岐阜・静岡・愛知です。

上記のように地域によっても平均は100万円前後のばらつきがあり、都道府県でも差異があります。

葬儀費用の見積もりを行った上での平均費用(予算)

下記は何社かの葬儀社から見積もりをした上で葬儀を行った方々の平均予算です。日本消費者協会の統計平均葬儀費用(実績)とは差があります。

  葬儀費用総合計 葬儀費用 実費費用 寺院費用
葬儀見積もり後の平均予算 123.1万円 52.1万円 41.4万円 29.6万円

寺院費用、火葬場費用、葬祭場所など規模によりことなります。

昨今、葬儀予算は小規模になってきているようです。どの統計葬儀費用もおおよその目安ですので、ご遺族やお身内での希望の範囲での予算を決めて見積もりを行うことが最善です。

スポンサーリンク

 

葬儀社一括見積もり-全国約400社の葬儀社の中から最大5社一括見積りできます。

生前戒名の会とは

趣旨


本来は生前に授かる仏教徒としての名前であり、受戒などを受けて その修行や勉学の度合いによって、位を授かります。 しかし、現代では、葬儀の時に僧侶から頂くケースが多く、又、戒名料にも大差があり その上お寺に対するお礼(寄付・お布施等)の額等によって高額になることがあります。 高額な戒名料を支払う事で位をいただく現代の風潮に疑問を持ち 仏に身を捧げた人の上下はないと考えております。 どのような戒名(院号・居士・信士など付与)も同じ戒名料86,500円で授与されます。 (その他一切の手数料は不用です) 緊急の葬儀、葬式など、どちらにお出ししても安心していただける、門跡寺院である大僧正から授与しております。
お身内やご家族に負担をかけないためにも、 ご自身に合った戒名を授与される事を生前戒名の会の趣旨としています。
戒名受領後の、会費、維持費・供養料等その他を要求されることは一切ございません。
また、
僧侶を派遣しての法事・追善供養なども執り行なっていませんので、戒名・生前戒名(法名・法号)を受領される方は、そこを了承して、お申し込みください。※檀家さんの場合は、事前に住職とお話し合いを持たれる事をお勧めします。 お寺さんとのお付き合いがありますので了解の上、生前戒名の会へ申し込み下さい。

葬祭・葬儀・葬式及び法事・法要のマナーや終活など

葬祭・葬儀・葬式の手配と法事・法要の僧侶の派遣について


通常の葬儀・葬式は、寺院の僧侶においでいただき通夜と告別式を行います。 その際にご近所や仕事関係の方々にご参列いただき、 葬儀・葬式に2日で葬儀費用の平均に100万円以上をお葬式に費やすことになります。
さて、葬儀費用に、このような出費が必要なのでしょうか?疑問をいだきます。
下記表示の葬祭・葬儀・葬式などは、まさにこのような声をお寄せ頂き、 その疑問、不安に徹底的にお答えするためスタートした葬祭のサービスです。
残された遺族に故人との最後の時間を持って頂くために、 葬儀費用を抑え、総額を提示し、十分な内容の葬儀・葬式を 行って頂く葬儀・葬式プランを提案致します。

遺族の方から寄せられたお声や葬儀の事例をほぼ毎日更新しております。 ホームページを見ると、葬儀費用やサービス内容は比較できても、 利用された方々が本当に満足されたかは、利用者様自身のお声でしか分かりません。 その利用者様のお声こそ、本来知りたいものです。
そこで、実際に利用者様からいただいた直筆のアンケートを公開しております。 実に98%の利用様に高く評価していただいております。

下記表示の葬儀費用、葬祭・葬儀・葬式などは、日本全国、全ての都道府県で対応できる葬祭のサービスです。 全国3,000カ所以上の葬儀場網で、すぐに最適な葬儀場・斎場をご案内させて頂いております。
「他の葬儀業社では断られたのですが、こちらは大丈夫でしょうか」などと言った お問合せを頂くこともあります。
ご安心ください。『下記表示の葬儀費用、葬祭・葬儀・葬式』は、全国どちらでもすぐに駆けつけます。
また、利用者様に安心してご連絡していただけるよう、スタッフの顔と名前を ホームページ上に公開しております。 全員がプロ意識を持った経験豊富な葬儀・葬式・葬祭のスタッフばかりです。

■ エンディングノートプレゼント 営業・セールス等の電話はありません。

エンディングノート等の資料請求方法

下記画面の右上のWEBで資料請求をクリックして、氏名、住所等入力後※エンディングノートプレゼント希望の方は「今すぐ資料請求をする」を選択してください。

終活、資料請求で無料のエンディングノートプレゼント1。

終活、資料請求で無料のエンディングノートプレゼント3。
▼エンディングノート資料請求の方法等、説明ページへ

葬儀、葬式の終活、エンディングノートプレゼント1

▼ 終活、WEB資料請求(無料)により、届いた資料に、5000円割引券がついています。▼

葬祭・葬儀・葬式、終活エンディングノートプレゼント1    葬儀、僧侶派遣、終活エンディングノートプレゼント2

▲終活、WEB資料請求でエンディングノートプレゼント希望の方は「今すぐ資料請求をする」を選択してください。

▲ 終活、資料請求先から営業・セールス等の電話はありません。 ▲

葬儀、葬式の終活、エンディングノートプレゼント1


葬祭・葬儀・葬式の法事・法要の種類などについて


法要とは、お仏壇やお墓、寺院などで、仏さまや故人の供養です。 初盆、新盆、お盆、お彼岸、納骨法要、開眼法、要閉眼法要 などです。
中陰法要とは、四十九日法要までの7日ごとに行われる法要ことです。
初七日法要、二七日法要、三七日法要、四七日法要、 五七日法要、六七日法要、四十九日法要、百ヶ日法要中陰法要 などです。
年忌法要とは、命日の1年後に勤めるのが一周忌、2年後が三回忌です。
一周忌法要、三回忌法要、七回忌法要、十三回忌法要、 十七回忌法要、二十三回忌法要、二十七回忌法要、 三十三回忌法要、三十七回忌法要、四十三回忌法要、 四十七回忌法要、五十回忌法要年忌法要 などです。
法事・法要の寺院手配サービス

スポンサーリンク

葬儀、法要、法事は、浄土真宗、浄土宗、時宗、曹洞宗、臨済宗、黄檗宗、律宗、日蓮宗、真言宗、天台宗、融通念仏宗、華厳宗、法相宗、その他仏教宗派など、お付き合いのある寺がない方や菩提寺のある方でもお寺が遠距離で来れないなど、葬式や法要などしていただける寺院、葬儀社のお手配を、全国どこでも定額の葬儀費用で承ります。
浄土真宗 西本願寺を本山とする「本願寺派」、東本願寺を本山とする「大谷派」のほか、多数の派があります。「親鸞」が開祖です。浄土真宗の教えは、愚かな人間が阿弥陀仏のはたらき(南無阿弥陀仏)を信じお念仏をして浄土に往生し仏となることを明らかにしています。日本最大の信者数です。
浄土宗 総本山の知恩院のほか7つの大本山があります。親鸞の師「法然」が開祖です。人格を高め、社会のためにつくし、明るい安らかな毎日を送り、往生(極楽浄土に生まれること)を願う信仰です。
臨済宗 「栄西」が開祖です。南禅寺・大徳寺など14の大本山があり、それぞれ一派をなします。禅問答によって哲学を深め、一休さんでおなじみです。
黄檗宗 黄檗(おうばく)宗。「隠元」が開祖です。京都宇治市の萬福寺が大本山です。隠元(インゲン)禅師の招来された文物は、美術、医術、建築、音楽、史学、文学、印刷、煎茶、普茶料理等広汎にわたり、宗教界だけにとどまらず、広く江戸時代の文化全般 に影響を及ぼしました。この他、隠元豆・西瓜・蓮根・孟宗竹・木魚なども禅師の招来によるものです。
律宗 大乗仏教の宗派の一つで、日本には754年鑑真が南山宗を伝え、東大寺・筑紫の観世音寺・下野の薬師寺を三戒壇とし、律宗本山として唐招提寺を建立しました。現在唐招提寺を本山とする律宗と、西大寺を本山とする真言律宗があります。
日蓮宗 「日蓮」が開祖です。お釈迦(しゃか)さまの説かれた最高の教えで法華経(ほけきょう)をよりどころにする宗派です。一般の信徒には「南無妙法蓮華経」と唱えるよう指導され、身延山(みのぶさん)久遠寺(くおんじ)が総本山です。
真言宗 弘法大師空海が開祖です。京都の東寺と高野山金剛峯寺を頂点とし、そのほか多数の総本山があってそれぞれ一派をなします。インド・中国で失われた密教の正統派を受け継ぐ密教の中の密教です。総本山の一つ醍醐寺は修験道当山派の本山でもあります。
天台宗 伝教大師最澄が開祖です。比叡山延暦寺と園城寺(三井寺)を総本山とする。比叡山は修行道場として名高く法然・親鸞・一遍・栄西・道元・日蓮・源信・良源・天海など壮々たる面々がここから巣立って行きました。系列の聖護院は修験道本山派の総本山です。
時宗 「一遍」が開祖です。神奈川県藤沢市の清浄光寺が総本山です。念仏や 声明にあわせて、鉦(かね)、太鼓をたたいておどり、諸国遊行(ゆぎょう)のおりに踊念仏をおこない、ひろめたと言われています。
曹洞宗 「道元」が我が国に伝え、「瑩山」(けいざん)が一層盛んにされました。福井の永平寺および横浜の総持寺を大本山です。
華厳宗 華厳宗(けごんしゅう)奈良の大仏で知られる東大寺は華厳宗の本山です。
法相宗 五重塔で知られる薬師寺は法相宗の本山です。応理円実宗(おうりえんじつしゅう)・有相宗(うそうしゅう)・相宗(そうしゅう)などの異名をもっています。
融通念仏宗 大念仏宗ともいいいます。大阪市の大念仏寺が総本山です。(大阪市平野区)信徒数約十二万人、寺院数約360。他に来迎寺・極楽寺・大念寺(大阪府)が本山です。
その他仏教宗派 お付き合いのある寺がない方は、お葬式でお勤めをしていただける寺院のお手配を、日本全国どこでも葬儀費用など定額のお布施、戒名料で承っております。

危篤、臨終、死亡から納棺、お通夜、葬儀の流れ・戒名料、葬儀費用の平均、納骨の手順を含む流れを順番にご説明します。

WEB見積もりをご利用下さい。
遺品整理見積もり
遺品整理見積もり
最短10分で、葬儀費用のご紹介・お見積もり!
複数の葬儀社を一括見積もりして比較する
複数の葬儀社を一括見積もりして比較する

 

葬式、葬儀の流れとマナーや手順を解説の一覧です。

 

生前戒名の会|葬式、葬儀の流れとマナーや手順や葬儀費用の解説の一覧

 

葬儀費用が安い戒名と終活 葬儀、葬式の費用 戒名とは 戒名授与証 戒名の授与
 
  
戒名の申込 ノート型の遺言、エンディングノート    
ご逝去
 ↓
危篤・臨終 葬儀、葬式の流れ 死亡の確認と死亡診断書  
通夜
 ↓
お通夜などの準備 お通夜の確認事項 お通夜、葬儀、葬式、法要の服装 通夜振る舞い
葬儀・告別式
 ↓
お葬式・葬儀の準備 お別れと出棺、骨あげ 還骨法要、還骨勤行 初七日法要、法事
  精進落とし 香典返し・不祝儀のお返し 葬儀費用 戒名料
葬儀・告別式終了後
 ↓
忌明け法要(四十九日)、法事 納骨・納骨式、法要・法事 初盆・新盆の法事、法要1 初盆・新盆の法事、法要2
  一周忌法事、法要 一年に満たない日数での追悼法要 一周忌法要から三十三回忌法事 葬儀費用、葬式費用の平均、相場
お寺の布施・本山納骨など お布施・戒名、法名、法号の費用 お寺総本山、大本山、本山、納骨 お寺の葬儀、法要、納骨など終活 墓地、霊園情報|納骨や終活
四国八十八箇所霊場の紹介 斎場、葬祭場情報|終活 お墓、墓石 お墓、墓石の一括見積 電報、弔電
葬儀社・葬儀屋など 葬儀社・葬儀屋     遺品整理見積もり
生前贈与や相続税について 生前贈与について 相続税について 贈与税の税率と計算方法について 相続税の納税額を葬儀費用で減額するには
生前戒名の会情報 生前戒名の会個人情報保護 生前戒名の会の相互リンク 生前戒名の会特商法表示 お問い合わせ

葬儀費用が安い戒名と終活

 

 

終活、WEB資料請求(無料)により、届いた資料に、5000円割引券がついています。 終活、WEB資料請求でエンディングノートプレゼント希望の方は「今すぐ資料請求をする」を選択してください。  終活、資料請求先から営業・セールス等の電話はありません。 ▼

終活エンディングノートプレゼント
▲エンディングノートプレゼント