葬儀費用が安い戒名と終活【全国対応】一周忌法事、法要までの流れや手順についてです。葬儀、葬式の費用負担軽減と葬儀費用の
平均、納骨、戒名料、布施を格安にし戒名や法名がお寺より各宗派で発送。葬式後の戒名が授与。葬儀費用の相場、ノート型の遺言、エンディングノート

お墓、墓石の一括見積 お墓、墓石の一括見積 葬儀、僧侶派遣、終活エンディングノートプレゼント2 葬儀、僧侶派遣、終活エンディングノートプレゼント2 電報、弔電 電報、弔電 遺品整理見積もり 遺品整理見積もり 複数の葬儀社を一括見積もりして比較する 複数の葬儀社を一括見積もりして比較する ノート型の遺言、エンディングノート 無料 ノート型の遺言、エンディングノート 無料 霊園・墓地のパンフレット請求 霊園・墓地のパンフレット請求 Facebook Twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

一周忌法事、法要までの流れや手順について解説します。

悲しい出来事は、突然おこります。ご遺族、お身内がやらなくてはならないことが沢山あります。 お通夜、葬儀、お葬式、法事、法要まで、全体の流れを把握していただくとで、落ち着いて手配ができるのではないかと思います。ここでは一周忌法事、法要までの流れや手順についての概略をご説明いたします。

スポンサーリンク

一周忌法事、法要までの流れや手順について。

亡くなってからちょうど一年めの同月同日(祥月命日、しょうつきめいにち)を一周忌と呼びます。

亡くなってから七日ごとに法事・法要があります。四十九日までの法要を追善法要と言います。

その後一年ごとの法要を年忌法要と呼びます。

一周忌法事、法要には僧侶による読経のあと焼香が行われ、最後に食事がふるまわれます。

一周忌法事、法要には、親族以外にも、知人・友人など親しい方を招いて行なわれます。

ここでは一周忌法事、法要の準備と流れ、作法やマナーなどについてご説明します。

 

一周忌法事、法要についての流れ。

ここでは、各宗派によってお葬式・葬儀の詳細は異なりまが、仏教における一般的なお葬式・葬儀、初七日法要、四十九日法要、納骨法要、初盆・新盆の法事、法要、一周忌法事、法要の流れをご説明いたします。

 

一周忌法事、法要に行なわれる主な流れや手順

 

お墓参り お墓参りには決まった時期があるわけではありませんが、命日、祥月命日、お盆などの時期にお墓参りが行われます。
一周忌法事、法要は亡くなって一年目の祥月命日であるため、お墓参りが行われることが多いようです。
納骨式 納骨式は四十九日に行なわれる場合が多いようです。次に多い納骨式は、百ケ日法要、法事です。
遅くとも三回忌法事、法要までに納骨をします。
一周忌法要 このページで一周忌法事、法要の説明をします。
お斎
(おとき)
法要、法事の際に、僧侶による読経のあと焼香が行なわれ、最後に食事がふるまわれます。
この食事を御斎(お斎と・おとき)と呼びます。
お斎は僧侶や参列者へのお礼の気持ちをこめたお膳であると同時に、一同で故人を偲ぶための儀式です。

・法要、法事が終わってからの食事の席<お斎>(おとき)について

法要、法事が終わってからの食事の席をお斎(おとき)と呼びます。

お斎(おとき)が行なわれない場合には、僧侶による読経終了後、施主が挨拶をする際にその旨を告げ、折詰めの料理と酒の小壜を用意し、引出物と一緒にお布施などお渡しします。

一周忌法事、法要の日程を決める際、法要の日が平日にあたる場合には、直前の土曜日か日曜日にずらすのが一般的ですが、一周忌法要についてはできるだけ同月同日に行ないます。

亡くなってからの日数の数え方については、百か日までの追悼法要、追善法要は、亡くなった日を含めて数えるのが一般的です。

一周忌法要だけは満1年目におこないますが、それ以降の一年ごとの年忌法要は年数から1年(年数−1年)で行ないます。

・服装について

遺族は、三回忌法要、法事までは喪服が基本です。七回忌以降は略式喪服や地味な色の服装で差支えありません。

参列者は、初七日から四十九日法要は略式喪服を着用します。一周忌以降の年忌法要の場合は略式礼服または地味な服装です。七回忌以降は、地味であれば平服でも差支えありません。

・一周忌法事、法要に用意するものについて

施主は引出物を用意します。引き出物には、おもてなしの土産というほかに参列者が持参する香典に対するお返しの意味もあります。

僧侶に読経を依頼する場合には、お布施も用意します。自宅で法要を行なう場合にはお布施のほかにお車代なども用意します。

一周忌法事、法要の参列者は、御供物料、御仏前、 御香料などを持参します。

 

一周忌法事、法要について準備する内容。

一周忌法事、法要の日程を決め、お寺の手配や引出物の手配および食事の手配などを行ないます。

お盆の時期などと、重なりそうな時は、早めにお寺と相談します。

僧侶も、お盆は忙しい時期ですので、1ケ月以上前に相談されることをおすすめします。

一周忌法事・法要の準備する内容(ご遺族側)

 

一周忌法事・法要の準備(ご遺族側)

 

内容

 

一周忌法要に準備する物事です。

 

・日程を決める ・百か日までの追悼法要、追善法要は、亡くなった日を含めて数えるのが一般的です。
そして、一周忌だけは満1年目におこないますが、それ以降の一年ごとの年忌法要は年数から1年(年数−1年)で行ないます。(例として三回忌法要は満2年です。)
・法事・法要の日程を決める際、平日にあたる場合は、直前の土日に行なわれる場合が一般的です。
・場所を決める ・自宅、お寺、ホテルなどのいずれの場所で行なうのかを決めます。
僧侶読経の場所と、法事の後の会食の場所を変える場合もあります。必要に応じて仕出し料理店などの予約をします。
おめでたい料理などの献立は避けた方がよいので、予約の際には、法事で利用しますと、利用する目的をしらせます。
・料理の手配をします
・お寺への連絡 ・場所、日時が決まったら、なるべく早く菩提寺などに連絡をします。
・菩提寺とは、先祖代々の墓をお願いしているお寺をさします。霊園、墓地などを利用している御家庭では、葬儀の際に世話になったお寺に依頼すると良いです。
・案内状の手配 親族・親戚だけで行なう場合には電話での連絡でも差支えないです。
会社関係などで執り行う場合には、往復ハガキや返信用のはがきを同封した封書などで、案内状を用意し、出欠をたずねます。
一周忌法要の挨拶状、一周忌法要案内状の文面などは別のページで説明します。
・引出物の手配 引き出物には、おもてなしのお土産というほかに、参列者が持参する香典に対するお返しの意味もあります
のしの水引きは、黒白または双銀の結び切りにします。
引出物としては、石鹸や洗剤、タオルなどの実用品や食品等が良く用いられます。遠方からの方もいらっしゃるので、かさばるものは避けます。最近はカタログギフトも増えています。予算は約2,000円から5,000円程度が一般的です。
引出物ののしの表書きは、粗供養、志などとし、水引きは黒白か銀の結び切りを用います。
法事・法要の後、おもてなしの席を設けない場合には、折詰めの料理と酒の小壜を用意し、引出物と一緒にお渡しします。
・お布施などを用意 僧侶には、お礼のお布施をお渡ししなくてはなりませんが、僧侶が法要のあとのお食事(お斎・おとき)に同席して下さる場合には、お布施または御経料、お車代の2つを用意します。
また、僧侶がお食事(お斎・おとき)を辞退されたら、お布施または御経料、お車代のほかに、御膳料を加えた3つをお渡しします。
一周忌法要の一般的な、お布施料金をご紹介します
お布施または御経料は、3万円程度ぐらいです。
お車代は、5千円から1万円程度ぐらいです。
御膳料は、5千円から2万円程度ぐらいです。
お布施などを入れる袋の表書きは薄墨ではなく普通の墨で書きます。
半紙の中包みに入れ、奉書紙で慶事の上包みの折り方をするのが最も丁寧な形ですが、市販の白い封筒でも差支えありません。郵便番号欄の無い無地の封筒を用います。
僧侶に直接、お布施を手渡しせず、小さなお盆などに載せてお渡しします。お盆も用意しておきます。
・墓石、墓地 一周忌法事・法要と納骨を同じ時期で行なう場合もあります。お寺、墓地、石材店への手配と、日程を確認しておきます。納骨は一周忌までに行なうのが一般的ですが、四十九日の法要の際に行なわれる事が最も多いようです。

 

スポンサーリンク

一周忌法事、法要についての流れおよび手順。

法事・法要の流れには決まりはありませんが、一般的な例をご説明いたします。

施主が行う一周忌法事、法要挨拶も、下記にて紹介しています。

 

一周忌法事・法要の流れ、法事・法要の手順

 

一周忌法事、法要流れ

 

 仏式の作法や法要の仕方などです。

 

・僧侶入場
  ↓
仏壇の前に僧侶の着座席をしつらえておきます。
ご遺族は故人との血縁の濃い人が前の方に席をとります。
仏壇中央の僧侶のすぐ後ろには施主が座ります。
僧侶が到着したら、仏壇前の正面中央に案内します。
・施主の挨拶
一周忌の挨拶
  ↓
施主挨拶の例
本日はお忙しい中をお集まり頂きましてありがとうございます。それではこれより◯◯◯◯(戒名、法名、法号)の一周忌の法要を始めさせて頂きます。
僧侶の方を向いて、それではよろしくお願いします。
というように、ごく簡単に挨拶をします。
・僧侶の読経
  ↓
僧侶による一周忌法事、法要の読経がはじまります。
・焼香
  ↓
施主から順番に、前の方に着席している人から焼香をしていきます。
・法話
  ↓
法話(ほうわ)とは、仏教において使われる言葉であり、僧侶や住職が故人の一周忌法事、法要について、参集された方の前で話をすることを意味します。
・僧侶退場
  ↓
僧侶には、お礼のお布施などをお渡ししなくてはなりませんが、僧侶が法要のあとのお食事(お斎・おとき)に同席して下さる場合には、この時点での退場はありません。お食事(お斎・おとき)の後でお布施などをお渡しします。
また、僧侶がお食事(お斎・おとき)での接待を辞退されたら、お布施、お車代、御膳料の3つを包みます。
お食事に同席される場合は、お布施、お車代の2つをお渡しします。
僧侶に直接、お布施などを手渡しせずに、小さなお盆に載せて僧侶の方に向けてお布施などを差し出します。
・墓参り
  ↓
墓地などが遠い場合には省略されます。
・施主の挨拶
(閉会)
施主の挨拶のあと、お食事(お斎・おとき)になります。
施主の挨拶の例です。
本日はお忙しい中をお集り頂きましてありがとうございました。おかげさまで父の一周忌の法要も無事終えることができ、父も安心していることと思います。
これからも変わらぬご支援のほどよろしくお願い申し上げます。
粗宴ではございますが、別室にてお膳をご用意いたしました。お時間の許す限り、どうぞごゆっくりなさっていってください。本日はまことにありがとうございました。

 

49日法要などの、一年に満たない日数で行う追悼法要、法事の時期、日程一覧は次のページで説明します。

 

スポンサーリンク

 

生前戒名の会とは

趣旨


本来は生前に授かる仏教徒としての名前であり、受戒などを受けて その修行や勉学の度合いによって、位を授かります。 しかし、現代では、葬儀の時に僧侶から頂くケースが多く、又、戒名料にも大差があり その上お寺に対するお礼(寄付・お布施等)の額等によって高額になることがあります。 高額な戒名料を支払う事で位をいただく現代の風潮に疑問を持ち 仏に身を捧げた人の上下はないと考えております。 どのような戒名(院号・居士・信士など付与)も同じ戒名料86,500円で授与されます。 (その他一切の手数料は不用です) 緊急の葬儀、葬式など、どちらにお出ししても安心していただける、門跡寺院である大僧正から授与しております。
お身内やご家族に負担をかけないためにも、 ご自身に合った戒名を授与される事を生前戒名の会の趣旨としています。
戒名受領後の、会費、維持費・供養料等その他を要求されることは一切ございません。
また、
僧侶を派遣しての法事・追善供養なども執り行なっていませんので、戒名・生前戒名(法名・法号)を受領される方は、そこを了承して、お申し込みください。※檀家さんの場合は、事前に住職とお話し合いを持たれる事をお勧めします。 お寺さんとのお付き合いがありますので了解の上、生前戒名の会へ申し込み下さい。

葬祭・葬儀・葬式及び法事・法要のマナーや終活など

葬祭・葬儀・葬式の手配と法事・法要の僧侶の派遣について


通常の葬儀・葬式は、寺院の僧侶においでいただき通夜と告別式を行います。 その際にご近所や仕事関係の方々にご参列いただき、 葬儀・葬式に2日で葬儀費用の平均に100万円以上をお葬式に費やすことになります。
さて、葬儀費用に、このような出費が必要なのでしょうか?疑問をいだきます。
下記表示の葬祭・葬儀・葬式などは、まさにこのような声をお寄せ頂き、 その疑問、不安に徹底的にお答えするためスタートした葬祭のサービスです。
残された遺族に故人との最後の時間を持って頂くために、 葬儀費用を抑え、総額を提示し、十分な内容の葬儀・葬式を 行って頂く葬儀・葬式プランを提案致します。

遺族の方から寄せられたお声や葬儀の事例をほぼ毎日更新しております。 ホームページを見ると、葬儀費用やサービス内容は比較できても、 利用された方々が本当に満足されたかは、利用者様自身のお声でしか分かりません。 その利用者様のお声こそ、本来知りたいものです。
そこで、実際に利用者様からいただいた直筆のアンケートを公開しております。 実に98%の利用様に高く評価していただいております。

下記表示の葬儀費用、葬祭・葬儀・葬式などは、日本全国、全ての都道府県で対応できる葬祭のサービスです。 全国3,000カ所以上の葬儀場網で、すぐに最適な葬儀場・斎場をご案内させて頂いております。
「他の葬儀業社では断られたのですが、こちらは大丈夫でしょうか」などと言った お問合せを頂くこともあります。
ご安心ください。『下記表示の葬儀費用、葬祭・葬儀・葬式』は、全国どちらでもすぐに駆けつけます。
また、利用者様に安心してご連絡していただけるよう、スタッフの顔と名前を ホームページ上に公開しております。 全員がプロ意識を持った経験豊富な葬儀・葬式・葬祭のスタッフばかりです。

■ エンディングノートプレゼント 営業・セールス等の電話はありません。

エンディングノート等の資料請求方法

下記画面の右上のWEBで資料請求をクリックして、氏名、住所等入力後※エンディングノートプレゼント希望の方は「今すぐ資料請求をする」を選択してください。

終活、資料請求で無料のエンディングノートプレゼント1。

終活、資料請求で無料のエンディングノートプレゼント3。
▼エンディングノート資料請求の方法等、説明ページへ

葬儀、葬式の終活、エンディングノートプレゼント1

▼ 終活、WEB資料請求(無料)により、届いた資料に、5000円割引券がついています。▼

葬祭・葬儀・葬式、終活エンディングノートプレゼント1    葬儀、僧侶派遣、終活エンディングノートプレゼント2

▲終活、WEB資料請求でエンディングノートプレゼント希望の方は「今すぐ資料請求をする」を選択してください。

▲ 終活、資料請求先から営業・セールス等の電話はありません。 ▲

葬儀、葬式の終活、エンディングノートプレゼント1


葬祭・葬儀・葬式の法事・法要の種類などについて


法要とは、お仏壇やお墓、寺院などで、仏さまや故人の供養です。 初盆、新盆、お盆、お彼岸、納骨法要、開眼法、要閉眼法要 などです。
中陰法要とは、四十九日法要までの7日ごとに行われる法要ことです。
初七日法要、二七日法要、三七日法要、四七日法要、 五七日法要、六七日法要、四十九日法要、百ヶ日法要中陰法要 などです。
年忌法要とは、命日の1年後に勤めるのが一周忌、2年後が三回忌です。
一周忌法要、三回忌法要、七回忌法要、十三回忌法要、 十七回忌法要、二十三回忌法要、二十七回忌法要、 三十三回忌法要、三十七回忌法要、四十三回忌法要、 四十七回忌法要、五十回忌法要年忌法要 などです。
法事・法要の寺院手配サービス

スポンサーリンク

葬儀、法要、法事は、浄土真宗、浄土宗、時宗、曹洞宗、臨済宗、黄檗宗、律宗、日蓮宗、真言宗、天台宗、融通念仏宗、華厳宗、法相宗、その他仏教宗派など、お付き合いのある寺がない方や菩提寺のある方でもお寺が遠距離で来れないなど、葬式や法要などしていただける寺院、葬儀社のお手配を、全国どこでも定額の葬儀費用で承ります。
浄土真宗 西本願寺を本山とする「本願寺派」、東本願寺を本山とする「大谷派」のほか、多数の派があります。「親鸞」が開祖です。浄土真宗の教えは、愚かな人間が阿弥陀仏のはたらき(南無阿弥陀仏)を信じお念仏をして浄土に往生し仏となることを明らかにしています。日本最大の信者数です。
浄土宗 総本山の知恩院のほか7つの大本山があります。親鸞の師「法然」が開祖です。人格を高め、社会のためにつくし、明るい安らかな毎日を送り、往生(極楽浄土に生まれること)を願う信仰です。
臨済宗 「栄西」が開祖です。南禅寺・大徳寺など14の大本山があり、それぞれ一派をなします。禅問答によって哲学を深め、一休さんでおなじみです。
黄檗宗 黄檗(おうばく)宗。「隠元」が開祖です。京都宇治市の萬福寺が大本山です。隠元(インゲン)禅師の招来された文物は、美術、医術、建築、音楽、史学、文学、印刷、煎茶、普茶料理等広汎にわたり、宗教界だけにとどまらず、広く江戸時代の文化全般 に影響を及ぼしました。この他、隠元豆・西瓜・蓮根・孟宗竹・木魚なども禅師の招来によるものです。
律宗 大乗仏教の宗派の一つで、日本には754年鑑真が南山宗を伝え、東大寺・筑紫の観世音寺・下野の薬師寺を三戒壇とし、律宗本山として唐招提寺を建立しました。現在唐招提寺を本山とする律宗と、西大寺を本山とする真言律宗があります。
日蓮宗 「日蓮」が開祖です。お釈迦(しゃか)さまの説かれた最高の教えで法華経(ほけきょう)をよりどころにする宗派です。一般の信徒には「南無妙法蓮華経」と唱えるよう指導され、身延山(みのぶさん)久遠寺(くおんじ)が総本山です。
真言宗 弘法大師空海が開祖です。京都の東寺と高野山金剛峯寺を頂点とし、そのほか多数の総本山があってそれぞれ一派をなします。インド・中国で失われた密教の正統派を受け継ぐ密教の中の密教です。総本山の一つ醍醐寺は修験道当山派の本山でもあります。
天台宗 伝教大師最澄が開祖です。比叡山延暦寺と園城寺(三井寺)を総本山とする。比叡山は修行道場として名高く法然・親鸞・一遍・栄西・道元・日蓮・源信・良源・天海など壮々たる面々がここから巣立って行きました。系列の聖護院は修験道本山派の総本山です。
時宗 「一遍」が開祖です。神奈川県藤沢市の清浄光寺が総本山です。念仏や 声明にあわせて、鉦(かね)、太鼓をたたいておどり、諸国遊行(ゆぎょう)のおりに踊念仏をおこない、ひろめたと言われています。
曹洞宗 「道元」が我が国に伝え、「瑩山」(けいざん)が一層盛んにされました。福井の永平寺および横浜の総持寺を大本山です。
華厳宗 華厳宗(けごんしゅう)奈良の大仏で知られる東大寺は華厳宗の本山です。
法相宗 五重塔で知られる薬師寺は法相宗の本山です。応理円実宗(おうりえんじつしゅう)・有相宗(うそうしゅう)・相宗(そうしゅう)などの異名をもっています。
融通念仏宗 大念仏宗ともいいいます。大阪市の大念仏寺が総本山です。(大阪市平野区)信徒数約十二万人、寺院数約360。他に来迎寺・極楽寺・大念寺(大阪府)が本山です。
その他仏教宗派 お付き合いのある寺がない方は、お葬式でお勤めをしていただける寺院のお手配を、日本全国どこでも葬儀費用など定額のお布施、戒名料で承っております。

危篤、臨終、死亡から納棺、お通夜、葬儀の流れ・戒名料、葬儀費用の平均、納骨の手順を含む流れを順番にご説明します。

WEB見積もりをご利用下さい。
遺品整理見積もり
遺品整理見積もり
最短10分で、葬儀費用のご紹介・お見積もり!
複数の葬儀社を一括見積もりして比較する
複数の葬儀社を一括見積もりして比較する

 

葬式、葬儀の流れとマナーや手順を解説の一覧です。

 

生前戒名の会|葬式、葬儀の流れとマナーや手順や葬儀費用の解説の一覧

 

葬儀費用が安い戒名と終活 

葬儀、葬式の費用 

戒名とは 

戒名授与証 

戒名の授与 

複数の葬儀社を一括見積もりして比較する

戒名の申込 

ノート型の遺言、エンディングノート 

葬儀、僧侶派遣、終活エンディングノートプレゼント2 

 
ご逝去
 ↓
危篤・臨終 

葬儀、葬式の流れ 

死亡の確認と死亡診断書 

 
通夜
 ↓
お通夜などの準備 

お通夜の確認事項 

お通夜、葬儀、葬式、法要の服装 

通夜振る舞い 

葬儀・告別式
 ↓
お葬式・葬儀の準備 

お別れと出棺、骨あげ 

還骨法要、還骨勤行 

初七日法要、法事 

  精進落とし 

香典返し・不祝儀のお返し 

葬儀費用 戒名料
葬儀・告別式終了後
 ↓
忌明け法要(四十九日)、法事 

納骨・納骨式、法要・法事 

初盆・新盆の法事、法要1 

初盆・新盆の法事、法要2 

  一周忌法事、法要 

一年に満たない日数での追悼法要 

一周忌法要から三十三回忌法事 

葬儀費用、葬式費用の平均、相場 

お寺の布施・本山納骨など お布施・戒名、法名、法号の費用 

お寺総本山、大本山、本山、納骨 

お寺の葬儀、法要、納骨など終活 

墓地、霊園情報|納骨や終活 

四国八十八箇所霊場の紹介 

斎場、葬祭場情報|終活 

お墓、墓石 

仏壇、仏具、位牌、販売、通販 

電報、弔電 

葬儀社・葬儀屋など 葬儀社・葬儀屋 


 相続税申告が必要な人とは 

お墓、墓石の一括見積 

遺品整理見積もり 

生前贈与や相続税について 生前贈与について 

相続税について 

贈与税の税率と計算方法について 

相続税の納税額を葬儀費用で減額するには 

生前戒名の会情報 生前戒名の会個人情報保護 

生前戒名の会の相互リンク 

生前戒名の会特商法表示 

お問い合わせ 


相続税申告が必要な人とは 相続税申告が必要な人とは

 

霊園・墓地のパンフレット請求 霊園・墓地のパンフレット請求 お墓、墓石の一括見積 お墓、墓石の一括見積 葬儀、僧侶派遣、終活エンディングノートプレゼント2 葬儀、僧侶派遣、終活エンディングノートプレゼント2 電報、弔電 電報、弔電 遺品整理見積もり 遺品整理見積もり 複数の葬儀社を一括見積もりして比較する 複数の葬儀社を一括見積もりして比較する ノート型の遺言、エンディングノート 無料 ノート型の遺言、エンディングノート 無料

葬儀費用が安い戒名と終活

 

 

終活、WEB資料請求(無料)により、届いた資料に、5000円割引券がついています。 終活、WEB資料請求でエンディングノートプレゼント希望の方は「今すぐ資料請求をする」を選択してください。  終活、資料請求先から営業・セールス等の電話はありません。 ▼

終活エンディングノートプレゼント
▲エンディングノートプレゼント